美しいものに癒されるから、大切な時間は記録に残す。

ジャニーズ事務所を中心に、美しい人たちを愛でて現場や映画やTVの感想を綴っています。

舞台「かもめ」(前編)

舞台レビュー「かもめ」

原作 「かもめ」チェーホフ

演出 ケラリーノ・サンドロヴィッチ

出演 生田斗真 蒼井優 野村萬斎 大竹しのぶ

 

こちらは舞台鑑賞当時の、2013年10月に書いた記事です。

***********************************************************************

舞台「かもめ」を見てきました。

f:id:koromo8oo8:20150720185329j:plain

原作はロシアの戯曲。

 

○生田斗真

作家に憧れる無職の青年、今で言うニート。

母と二人暮らしで、恋人あり。

 

年下の恋人にうつつを抜かす母からも、

恋人からも愛されない孤独、

そして自身の作家としての才能のなさに苦しみ、

自殺未遂をしてしまう。

 

○蒼井優

斗真の恋人で上昇志向の強い田舎娘。

斗真が書くヘタッピな脚本の

女優を担当しているうちに本当に女優になりたくなる。

後に斗真を裏切り、斗真母の恋人の子供を身ごもる。

 

○大竹しのぶ

斗真の母。

シングルマザーで大物女優。

母としてよりも、女として輝いていたい女性。

年下の売れっ子作家との恋に夢中。

 

○野村萬斎

売れっ子作家で、大竹しのぶの恋人。

斗真を介して出会った、

蒼井優に心惹かれ、二股をかけるようになる。

のらりくらりとした男。 

 

頭の中には常に、

「いつかナマで見てみたい人リスト」があります。

ミーハーなので、男性女性問わず、たくさんの方の名前が載っています。

 

男性部門で上位にランクインしていた、

生田斗真さんと野村萬斎さん。

 

その二人が同時に見られるなんてーー!!

と、発売と同時にチケットぴあ様にオファーして取ったチケット。

 

しかも考えてみれば、私がこの二人に関心を抱いたきっかけは同じ作品。

NHKの朝ドラ「あぐり」!!

 

その時は親子だったんだよ、萬斎さんと斗真。

斗真はまだ幼かったんだけど、「絶対将来有望!」って思ってたんだ。

 

なつかしーー!!

ときめく胸にそっと手を当てて、開演を待つ。

 

「かもめ」の藤原竜也さんバージョン↓↓

 

 (後編につづく)

koromo8oo8.hatenablog.com

このブログの目次 - 美しいものに癒されるから、大切な時間は記録に残す。


にほんブログ村