読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

美しいものに癒されるから、大切な時間は記録に残す。

ジャニーズ事務所を中心に、美しい人たちを愛でて現場や映画やTVの感想を綴っています。

初めての嵐。(その4・完)~メンバー考と、さらなる不思議な夜へ(ARASHI Anniversary Tour 5×10 国立競技場)

「ご新規さん、初めての嵐コンサート」レポの続き。

嵐 AnniversaryTour 5×10 国立競技場(その1) - 美しいものに癒されるから、大切な時間は記録に残す。

嵐 AnniversaryTour 5×10 国立競技場(その2) - 美しいものに癒されるから、大切な時間は記録に残す。

嵐 AnniversaryTour 5×10 国立競技場(その3) - 美しいものに癒されるから、大切な時間は記録に残す。

 

お目当ての二宮和也をじっくり鑑賞する時間(二宮ソロ)が来た!

「担当」というジャニーズ用語、

ものすごく恥ずかしくてぞわぞわするのだけど、

「ニノ担」に属するのだろうな、私。

 

私が知っている、俳優・二宮和也と雰囲気が違って戸惑う。

ニノは「繊細で、もの静かな青年」だと思ってた。

秘めた狂気のようなものや、色気があるのは感じ取ってる。

 

でもこのソロ曲みたいな

「ギター抱えててオトコ臭い」ニノ初めてーー!!

 

私はうっとりとしていた。

「切り取ったメロディ繰り返したなくさないように。

言葉より大切なものあなたに届けた。」

 

・・・・・。

歌詞が違ったような気がする。

 

が、私が浸っている「うっとり」の世界には馴染まないものなので、

気づかないフリをすることにした。

 

「あらまあ、いきなり『届け』ちゃった」

さっきまで、松本潤と相葉雅紀によって魔界に連れ込まれていた友人は、

二宮ソロになったら正気に戻り、淡々と間違いを指摘してきた。

 

こらーー、私まで正気の世界に戻すんじゃなーーーい!!

 

今回のアルバムの通常版のシークレットトラックである、

「Attack it!」

 

 

実はアルバムを初回版しか聞いてなくて、

この曲の存在をコンサートのときは知らなかった。

 

それで現場で初めて聴いて、

「なになにこの曲、めっちゃかっこいいんだけどー!!!」

って衝撃を受けた。

 

子供から大人まで安心な国民的アイドルだと思ってたのに、

「あなたの心をガッツリいただくように仕組んでいる」

にビックリして、

 

二宮さんパートの、

「ああもうもう我慢の限界」

のエロさにもビックリしたけど、

 

一番の衝撃は櫻井翔さん。

 櫻井翔さんは、大卒キャスターで、番組でたまに見てもソツなくしきってて、

お顔も綺麗な優等生さんだと思ってた。

 

そんな翔さんの口から、

「外野の言葉はシカトする!haha!!」

って飛び出したときは、ほんとーーうにビックリした。

 

あと、全然今まで書いてなかったけど、大野智さん。

ボーッとしたやる気のない人だと思っていたのに、

甘い声で、歌がうまくて、なんか全然印象が違うーー!!

 

「不敵」だ。

この人たちは不敵だ。

やばい、本当にすごく好きになってきた。

 

「明日の記憶」

この曲を歌っている間、会場モニターをたくさんの写真が流れていた。

5人が赤ちゃんの頃から、Jrになって、嵐になって、今の彼らになるまで。

 

右隣の二人組の同世代の女性は、開演前に、

「Jrの頃は、まさかこんな大きな会場でやるようになるとは思わなかったね」

と、話してた。

「古株さん」なんだなあ、と思っていた。

 

彼女たちはぼろぼろと涙を流していた。

私は彼女たちがうらやましかった。

 

私も今は嵐に魅了されているけど、涙を流すほどの感慨はない。

私と嵐が共に過ごした時間は、たったの一時間だ。

10年以上の時間を共にして、涙を流す彼女たちがうらやましかった。

 

感動の「明日の記憶」の後は、10年前のスケルトン衣装で「A・RA・SHI」

 

当時はTVでちらっと見て、「変な衣装」と思っていたけど、

大人の男性になった今の彼らが着ると、あまりのエロさに目が点。

 

ワイドショーで見たことがある「ムービングステージ」とやらも初めて見た!

他のメンバーはみんな客席に向かって手を振ったりしてサービスしてるのに、

ひとりだらりと寝転ぶ松本潤!!

 

動く床にだらりと寝転んで、不敵な笑みを浮かべて客席をじっと眺めてる。

通過していく端から、お客さんが「はああ~~~」とメロメロしている。

やはり松本潤はヒトではなく魔物だ。

 

7万人も来ている会場なので、席によっては嵐は米粒大。

 

そんなお客さんにもよく見えるよう、

遠くの席にもずっと視線を送って、

「見える?見える?」みたいな感じで、がちゃがちゃと変な踊りを踊って、

そこのエリアのお客さんが「きゃーー!!」と歓声をあげると、

「よかった!」みたいに嬉しそうに笑ってる相葉雅紀さんは、

本当に本当にかっこよかったです。

 

夕方前から始まって、コンサート中に日が沈んで、

暗くなったら花火も上がって、少し涼しくなった風が気持ちよくて、

嵐もすごくかっこよくて、本当に本当に素敵なコンサートでした。

 

が、この後「大物ジャニーズ」に遭遇する、という更なる不思議体験が。

(コンサートレポはこれで終わり。不思議体験につづく。)↓↓

koromo8oo8.hatenablog.com

このブログの目次 - 美しいものに癒されるから、大切な時間は記録に残す。


にほんブログ村