美しいものに癒されるから、大切な時間は記録に残す。

ジャニーズ事務所を中心に、美しい人たちを愛でて現場や映画やTVの感想を綴っています。

初期のキスマイのオラオラ感と藤北が好きな人間が綴るKis-My-Ft2コンサートレポ2015「KIS-MY-WORLD」(その1)

「2015 CONCERT TOUR KIS-MY-WORLD」初日公演に参加した、

「初期のキスマイのオラオラ感と藤北が好きな人間」が綴るコンサートレポ。

 

f:id:koromo8oo8:20150830220538j:plain

【オープニング】

仮面を付けたJrが登場して「KIS-MY-WORLD」の鍵を開けようとする。

「開かないのでみんなの力を貸して~!」

→鍵型のペンライトを会場一同でぐるぐるぐるぐる!

 

魔法使い風フード付きマントを纏った7人が一人ずつ映像で紹介される。

宮田俊哉さん、完全にハリーポッター。

 

【FOLLOW→Luv Sick→Another Future】

野生的で荒々しくて、性的で、でもしなやかで美しい。

それがキスマイの最大の魅力だと思っている。

 

「FOLLOW」は今回のアルバムの中で、

一番「キスマイらしい」曲で楽しみにしていた。

初日の前半だったからか、まだぎこちなさはあったけどよかった。

その流れからのこの2曲も好き。冒頭から高揚する。

 

【if】

美しかった。

7人が横並びになって、

電飾が付いてクリスマスツリーのようなスタンドマイクで歌う。

王道のラブソングを、キスマイのもうひとつの魅力である甘くて伸びる歌声で聴き、

言葉をメロディに乗せていくメンバーの表情を愛で、

胸が「ぎゅうぅっ」と締め付けられる快感を味わう。

 

センターで歌う玉森裕太さんを見て、いつの間にこんなに成長していたのかと思った。

初めてTVで玉森さんを見たとき、

「小鹿のような子だなあ」と思ったことを思い出していた。

 

いつからかグループの真ん中にいるのが玉森さんにになってからも、

彼はどこかフワフワとした様子だった。

今でも素の玉森さんはあどけなくて、どこか所在なさげなところもあるけれど、

男っぽい表情も見せ、凜と歌う玉森さんは美しくて頼もしかった。

 

この曲の方が、映画「レインツリーの国」の主題歌に合ってる気がするんだけどなー。

 

【わんダフォー(横尾渉・藤ヶ谷太輔ユニット)】

こういう曲で「可愛い~~!!」と安易に思うのは負けだ。

たぶん「犬耳」を付けて登場するのだろう、いやいっそ着ぐるみかもしれない。

バックのJrも同じような格好で出てくるのだろう。

そしてみんなで仲良く笑顔で歌って踊るのだ。

そんなものに安易に「可愛い~~!!」なんてデレないかんね、あたし!!

と、開演前は思っていたけど、

いざ始まったら、「・・可愛い~~~~!!!!」と、コンマ一秒で負けた。

 

 ピンクの犬の着ぐるみで登場し、

背中には「わた」「たい」と名前が書いてあって、

シッポのついたおしりをふりふりして、笑顔で歌い踊る。

 

藤ヶ谷さんは横尾さんと一緒だと本当にいい笑顔をするな~。

横尾さんはナチュラルな笑顔でのパフォーマンスだったけど、

藤ヶ谷さんの笑顔は、

「自分が可愛いことを知ってるモテ女子の笑顔」だったのも憎くて愛しい。

(つづく)

このブログの目次 - 美しいものに癒されるから、大切な時間は記録に残す。