読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

美しいものに癒されるから、大切な時間は記録に残す。

ジャニーズ事務所を中心に、美しい人たちを愛でて現場や映画やTVの感想を綴っています。

初期のキスマイのオラオラ感と藤北が好きな人間が綴るKis-My-Ft2コンサートレポ2015「KIS-MY-WORLD」(その3・完)

初期のキスマイのオラオラ感と藤北が好きな人間が綴るKis-My-Ft2コンサートレポ2015「KIS-MY-WORLD」(その1) - 美しいものに癒されるから、大切な時間は記録に残す。

初期のキスマイのオラオラ感と藤北が好きな人間が綴るKis-My-Ft2コンサートレポ2015「KIS-MY-WORLD」(その2) - 美しいものに癒されるから、大切な時間は記録に残す。

(キスマイコンサートレポの続き)

【Hair~FIRE BEAT】

サプライズの「FIRE!!!」で腰が抜けた。

曲が終わってから呼吸を整えようと大きく息を吸ったら、

その後も怒涛のこの2曲。

膝ががくがくした。

f:id:koromo8oo8:20150831152524j:plain

私は、普段小柄な身体で小動物のような愛らしいルックスの北山さんが、

パフォーマンスに入ると目をランランとさせていく様子を見るのが大好きだ。

 

デビュー前のそれは、

「絶対俺たちデビューしてやっからな!!」

というようなガツガツオーラを振りまいているし、

デビュー後も、

「お前ら今夜は一人残らず腰抜けにしてやるからな。」

というような、野生的で挑戦的なオーラで、いやらしく美しい。

 

藤ヶ谷さんが、キメ顔でソロパートをこなし、

「よかったんだろ?」とでも言いたげに、

引き際に「にやり」と微笑むのも大好きだ。

 

TVだとじっくり映してもらえないのが残念だけど、

横尾・宮田・千賀・二階堂のダンスも歌もとても魅力的。

キスマイの群舞は、野生的なのにしなやかで美しい。

 

特に普段は「おちゃらけキャラ」でやっている宮田さんは、

ダンスは激しく、いつもは見せない真剣な表情はセクシーだ。

自分にライトが当たらないときでも「抜かない」宮田さんに気づいてしまうと、

普段とのギャップにすごくドキドキして、目で追い続けてしまう。

 

そんなキスマイの魅力が充分に生かされるこの初期の2曲。

特に「Hair」は二階堂さんの見せ場があるのも嬉しい。

ううう・・・・。セトリに入れてくれてありがとう。

 

【やっちゃった!!(舞祭組バンド)】

アンコールの始まりは、舞祭組がバンドで登場!!

横尾さん→ギター、宮田さん→ドラム、千賀さん→キーボード、二階堂さん→ベース。

楽器を弾く4人は、すごくかっこよかった。

今まで「残念担当」で、エヘヘと笑っていた4人が、

牙を剥きだした感じがして、ぞくぞくした。

 

 私は、デビューしてからのキスマイの雰囲気が

年々変わっていくことをさみしく思っていた。

「国民的アイドルへの階段を昇る」というのはそういうことなのかもしれない、

と思い、受け止めようとしていた。

 

玉森さんの担当が目に見えて増え始め、

それまでは見ないタイプだった、

花冠を乗せたふわふわとした雰囲気のお嬢さん方で客席が埋まっていく。

 

 彼らの楽曲は、

「他の若手グループが歌っていても違和感なさそう」

なライトでハッピーなものが増え、

妖しくて艶がある群舞を見る機会も減った。

 

今まで、野生的な部分で牽引していた北山さんと藤ヶ谷さんが、

「お茶目なお兄さんMC」と

「ソツなく美しいセクシーなお兄さん」というキャラクターに回り、

 

同じく実力もあり、野生的でセクシーな部分をきちんと担っていた、

横尾・宮田・千賀・二階堂の4人は、

いつからか「残念でユニーク」担当になっている。

 

 そういうキスマイが求められるのなら、

それがが映える楽曲やパフォーマンスを提供していくのが、

ビジネスとしては正しいと思う。

 

私は玉森さんのことも好きだし、

舞祭組のパフォーマンスも好きだし、

7人がどんどん活躍の場を広げていくことも嬉しく思っている。

 

でも、今の彼らに求められていることは、

私が思う「キスマイらしさ」を生かすものではないように思っていて、

「これ以上、『王子とKINGと愉快な仲間たち』化が加速するようなら、

キスマイからは卒業かなあ・・」と思っていた。

 

だから、彼らの魅力を生かしてくれた後半のセトリと、

舞祭組によるバンドは本当に嬉しかった。

 

私のような初期を懐かしく思うファンの気持ちも届いているのかな、

彼らが「こうありたい」と思っている姿に、まだ繋がっているのかな、

と思うことができた。

 

「卒業」は先になった。

今後の彼らがどんなふうに成長をしていくのか見守りたいし、

まだまだたくさん高揚させてほしい。

 

(おわり)

このブログの目次 - 美しいものに癒されるから、大切な時間は記録に残す。