読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

美しいものに癒されるから、大切な時間は記録に残す。

ジャニーズ事務所を中心に、美しい人たちを愛でて現場や映画やTVの感想を綴っています。

最初で最後の「6人のNEWS」コンサート記録(2010年)その4・完

最初で最後の「6人のNEWS」コンサート記録(2010年)その1 - 美しいものに癒されるから、大切な時間は記録に残す。

最初で最後の「6人のNEWS」コンサート記録(2010年)その2 - 美しいものに癒されるから、大切な時間は記録に残す。

最初で最後の「6人のNEWS」コンサート記録(2010年)その3 - 美しいものに癒されるから、大切な時間は記録に残す。

 

「NEWS DOMEPARTY2010 LIVE!LIVE!LIVE!」コンサートレポの続き。

 

f:id:koromo8oo8:20150919094707j:plain

 

2010年、増田担の友人に

「NEWSのコンサートが大阪であるから一緒に行かない?」

と、声をかけてもらい、

「NEWSってよくわかんないけど小山くんは好きだなあ。

あと、山下くんと錦戸くんがいるんだよね??」

と、いう状態で参加したときのコンサートレポです。

 

前年に、嵐のコンサートでジャニヲタデビューして、

まだ「ジャニーズのコンサート」にも慣れていなかったこの頃。

(以下2010年投稿の記事をお引越し)

********************************************************************************

 〇錦戸さんソロ

【事前解説:某SNS事件】

(これはこのソロ中に事情が把握できず「???」となったため、

帰りの地下鉄の中で検索して得た情報なので、違っていたらすみません)

女性アイドルの☆☆さんが、NEWSのメンバーである某さんについて、

「某さん、カッコイイ」と、友人にメールしたつもりが、

SNSへ誤って投稿してしまい、炎上。

そこから「某&☆☆、熱愛か!?」という記事が出て、

某さんは、テレビ出演の際に否定。

 

錦戸さんのソロはギターの弾き語りだった。

NEWSの曲→関ジャニ∞の曲→某女性アイドルの曲→NEWSの曲

だったのだけど、

女性アイドルの曲の時の合間に、

「某くん!SNSには気いつけんとな~!(にやっ!)」

と、発言してしまい、会場シーーーーン。

 

某さん担当のお嬢さん方を中心に事情を知ってるファンは、

「こんな話をコンサート中に蒸し返すなんて!!」

と、引いている。

そして、事情を全く知らないファン(私たちもこちら)は、

「なんで某さんがSNSに気をつけないといけないの??」

と、ぽかーん。

 

引き&ぽかーん、の奇妙な空気になってしまった会場・・・。

動揺する錦戸さん。

 

なんとか演奏を終え、出演ドラマの番宣。

そのドラマの主演キャラクターのキメ台詞「お前に明日は来ない!」

を、おどけて言うものの、会場「・・・・・」

 

「あかん!あかん!

俺、みんながそんなに引くなんて思ってへんで、今めっちゃ動揺してんねんやんか~!

今、めっちゃ早口なんも、めっちゃ動揺してるからねんやんか~!」

と、あわあわしている錦戸さん。

 

「何か・・事情はよくわかんないんだけど、

TVでは見られないああいう姿も可愛いね~。」

と、そんな錦戸さんを愛おしく見つめる私たち。

 

〇ステージ構成

ジャニーズのコンサートは、

遠い席のお客さんにもタレントの姿が見えるように、いろいろと考えてくれています。

今回も、中央のステージで6人全員集合して、

ガッシガシに踊って歌ってるときもあるけど、

半分以上があちこちに散ってまんべんなく近くに来てくれた。

(今回見た移動方法)

①各人が各方向に散って、ぐるぐる走りまわりながら歌う

②会場各所にあるステージが上に伸びる、もしくはステージごとあちこち動く

③しまいには気球に乗って飛んでくる

 

個人的にNEWSに対して「仲良し」というイメージを持っていなかったので、

コンサート中にメンバーがむつまじくしている様子に和んだ。

踊りの合間に顔くっつけあって歌うメンバー。

増田さんが着席ブロックにゆっくりファンサしてたから、

走るのが追いついちゃって後ろから増田さんをハグしちゃう小山さん。

などなど、微笑ましい光景たくさんだった。

 

私たちの席はスタンド下段だったので、

②のときが一番メンバーに近づけるときだったのだけど、

後半、目の前に「上に伸びるステージ」に乗った錦戸さん。

 

「亮ちゃん来たーーーー!!」

と、テンション上がる、同じエリア一同。

が、まさかのこちらにオシリを向けて、真下のアリーナブロックに手を振る錦戸さん。

「亮・ちゃ・ん・こっちーーー!!」と猛抗議のスタンド下段一同。

 

猛抗議は届いた。

あわてて振りむき、ブンブンと大きく手を振り、

「ニカッ」と笑う錦戸さん。

エリア一同「キャーーーーー!!!」

〇エンディング

トリプルアンコールまであって、メンバーもお客さんも完全燃焼。

「これからも6人で一生懸命頑張りますので、

どうか、どうか、NEWSをよろしくお願いします」

と真摯に挨拶する6人。

 

感無量、といった表情でアイコンタクトしあう6人。

そうだよねー。

他のグループは毎年ライブして、CDもたくさん出して、冠番組も持って、

って中で、そのすべてがなかなか叶えられないグループだもんね・・。

キュンとしました。

と、いうとても楽しくて充実したコンサートだったので、

家に帰ったら、私もYou&Jに入会したいと思います。

(おしまい)

このブログの目次 - 美しいものに癒されるから、大切な時間は記録に残す。