美しいものに癒されるから、大切な時間は記録に残す。

ジャニーズ事務所を中心に、美しい人たちを愛でて現場や映画やTVの感想を綴っています。

初めての関ジャニ∞コンサート記録(2010)その2~開演

こちらは2010年、初めて関ジャニ∞のコンサートに参加したときの、

まだまだジャニーズルールのすべてが新鮮だった時期の記録です。

MAX4の法則~初めての関ジャニ∞コンサート記録(2010) - 美しいものに癒されるから、大切な時間は記録に残す。

初めての関ジャニ∞コンサート記録(2010)その1~事前準備とコンサートグッズ - 美しいものに癒されるから、大切な時間は記録に残す。

 ↑↑これらの記事の続き。

*******************************************************************************************

『KANJANI∞ LIVETOUR 2010→2011 8UPPERS(パッチアッパーズ)』

f:id:koromo8oo8:20150927184306j:plain

(開演直前)

ぱらぱらと始まるエイトコール。

前席のギャル系お嬢さん二人組の一人が、立ちあがってエイトコール。

もう一人のお嬢さんは座ったまま無言。

 

「お前もやれや!」

「だるいし~」

「立てって!やれや~!」

「だるいし~」

「もうええわ」

ひとりでエイトコールを続ける彼女。さみしげ。

 

彼女のさみしげな後ろ姿と、

ひとりエイトコールの根性におせっかいスイッチが入ってしまい、

思わず「あのっ!私たちもします!」

と、声をかけてしまった。

(2015年注:いちいち声をかけているところにジャニコン不慣れ感が・・・)

 

「ええええ!?スミマセン!じゃあやりましょか!」

と、恐縮する彼女。

先ほどまで拒否していたお友達もビックリして立ち上がり、一緒に始めてくれた。

 

そのやり取りを見ていた周りのお客さんも立ってくれて、

そのエリア一同でエイトコール。

 

この時、最初から頑張っていたお嬢さんは錦戸担だったのですが、

コンサート中盤で錦戸さんから笑顔でファンサをされて、

膝から崩れ落ちていました。えがったえがった・・・。

 

いよいよ開演。

「浮世踊リビド」のイントロと共に、黒スーツ姿でバシッと決めた7人が、

ゴンドラに7人横並びで、すうっと天から降りてくる。

今回のアルバムの内容にちなんで、

本物をタバコをふかしながら妖艶な笑みを浮かべている。

 

客席「ぎゃーーーーー!!!」

 

この日は快晴で、初冬だというのに昼間は日差しが強く、暖かかった。

 

冒頭の挨拶で、

「今日は寒いですね~」

と発言し、

「ええーーー!!」

と、しょっぱなから客席に全否定される横山さん。

 

開演冒頭で私たちのエリアに来てくれた村上さん。

コンサート前に見た各レギュラー番組や、コンサート中の様子から、

真面目で頭の回転の速い人だなあ、と好感を抱いていた。

 

生で見てみたら、目が綺麗だし、引き締まった身体もかっこいいなあ、

と、どきどきしながら眺めていた。

 

村上さんはゆっくり歩きつつ、大きな目をぱちくりさせながら、

エリア全体を見てくれる。

 

「ヒナ!」と声をあげてみた。

村上さんの目の動きが止まった気がした。

目が合っている気がする。

何故だ??

 

この日の私は、全身紫一色の、無地のワンピースを着ていた。

 

ジャニーズタレントにメンバーカラーがあることは知っていたけれど、

自分の担当の色の衣服を身に着け、

「あなたのファンですよ」

と、アピールする応援の仕方があることを知らなかった。

 

村上さんからしてみれば、

「俺の担当」が存在をアピールしている様子に見えたのだ。そりゃそうだ。

 

とにかく村上さんと目が合っている気がしたので、あわてて、

「エイト応援してますよ」的内容の手作りうちわを掲げて見せた。

村上さんはすばやく

「読んだで!了解!」的な表情で「good!」のジェスチャーを返してくれた。

 

どきどきどきどきどき。

今のが「ファンサ」っちゅうやつか。

すごくすごく胸がキュンとするものなんだなあ・・・。(つづく)

 

このブログの目次 - 美しいものに癒されるから、大切な時間は記録に残す。