読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

美しいものに癒されるから、大切な時間は記録に残す。

ジャニーズ事務所を中心に、美しい人たちを愛でて現場や映画やTVの感想を綴っています。

【結論】生の現場で衝撃的な報告はダメ~田口淳之介さんの退所報告を受けて

KAT-TUN 140文字よりも長いひとりごと ジャニーズ 

平成27年11月24日。

私は県外での仕事を終え、自宅の最寄り駅に向かう高速バスに乗っていた。

バスの中ではスマホを触るくらいしかすることがなくて、

私はのんびりとツイッターを眺めていた。

 

夜放送される、「ベストアーティスト2015」で何が歌われるだろうかとか、

JUMPのカウコンの当落が発表されたけど電話がつながらないとか、

そんなソワソワしつつも平和なツイートを眺めて過ごした。

 

20時、私はスマホを鞄にしまい自宅へ向かった。

帰宅してすぐにお風呂に入ろうかと思ったけれど、ジャケットだけ脱いでTVをつけた。

「ベストアーティスト2015」ではV6兄さんのメドレーが流れていて、

私はウフフと微笑みながら、再びツイッターの画面を開いた。

 

ツイートリストに流れる空気がおかしい。

先ほどまでの空気と違う。

なんだなんだ。

原因が知りたくて画面をなぞり続けた。

 

一件の芸能ニュースがRTされていた。

「KAT-TUN 田口、来春グループ脱退・ジャニーズ事務所も退所」

 

は?????

 

現在放送中の「ベストアーティスト2015」の、

KAT-TUNの持ち時間中に突然発表したのだという。

 

早くもその動画も、事務所からの報告も、

本人からの報告も、メンバーからの報告も、

全部ツイッターに流れてきたから一気に見て、読んだ。

 

わけがわからないけど、

田口くんが、KAT-TUNも事務所も辞めることはもう決定している本当のことで、

メンバーと田口くんの心はもう通い合ってないということはわかった。

 

報告したときの、メンバーの顔がつらそうで、

その後出てくるジャニーズの他のタレントの表情も複雑で、

心が痛くなった。

 

 私は一回しかコンサートに行ったことがないお茶の間ファンだけど、

そんなレベルの私でもこんなに動揺してかなしいのだから、

グループのファンの方や、担当さんの心の痛みはいかばかりかと思った。

 

しかも、この番組はファンが番協で入っているんじゃないのか???

 

私は今週末、嵐のコンサートに行くのだけど。

 

こんなこと考えたくもないけど、

万が一、楽しいコンサートの真っ最中に、

突然5人が神妙な顔して、

「えー、実は・・・」

などと、何か衝撃的な報告をしたらと思うと、想像だけで気分が悪くなる。

 

その後はコンサートに集中できなくなるだろうし、

帰り道もただひたすらその話だけをしながら帰るのだろうし、

本当に、台無しだ。

 

先ほど、ネットで見た芸能ニュースには、

「リークされてしまう前に四人の口から伝えたかったからあの場だった」

と、書いてあったけど、

 

そんなおおごとを、

「リークされる前に、四人の口から伝える」

のは当たり前のことで。

 

なんであんな風に、

あの場にいたファンの子や、テレビの前で楽しく見ていたファンの心を

ズタズタにするような、

そして、無関係な他の歌手の方や、そのファンの方たちまで

気まずくさせてしまう伝え方だったんだろう。

 

彼らも人間だから、

ずっと私たちにとって都合よくアイドルしていてくれなんて思わない。

結婚もすればいいし、

違う道に進みたければやめればいい。

 

「直接伝えてくれてよかった」と思う派の人もいると思う。

 

でも、私は本当、今回の一件で、

 

生の現場で、衝撃的な報告はやめて。

 

と、思いました。

 

以前、

俳優界の自担の結婚を踏まえた自担の結婚の理想の形とは。 - 美しいものに癒されるから、大切な時間は記録に残す。

でも、似たようなことは書いたのだけど、

 

アイドルがファンに向けて衝撃的な報告をするときは、

①露出が少ない時期に、

②事前にリークもされず、

③FAXか公式HPで報告

が、ファンが一番混乱しない形だと、個人的には思った。

 

この記事は、

「140文字よりも長いひとりごと」なので、

気分を害される方がもしおられたらご容赦ください。

 

田口くんは芸能界も辞めてしまうのかなあ。

 

アイドルとしての田口くんも魅力的だったけど、

私は、俳優・田口淳之介も好きだったので、

引き続き活躍する姿が見たいと思っています。

 

KAT-TUN LIVETOUR2012(前編) - 美しいものに癒されるから、大切な時間は記録に残す。

このブログの目次 - 美しいものに癒されるから、大切な時間は記録に残す。