美しいものに癒されるから、大切な時間は記録に残す。

ジャニーズ事務所を中心に、美しい人たちを愛でて現場や映画やTVの感想を綴っています。

ジャニーズのコンサートに行った時にチケットを紛失して入場時に気付いた思い出について。

2011年、その年の8月にデビューが決まった

Kis-My-Ft2のコンサートに行ったら、

いつの間にかチケットをなくしており、

入場時に気づいた、という思い出日記をお引越しします。

投稿日は2011年7月25日。

 

私はこの時の出来事がトラウマになっており、

今でもコンサートや舞台の日は、

何度鞄の中を確認しても、入場する瞬間までは不安です・・。

*****************************************************************************

初夏。

私は広島出張の帰りに、広島在住の友人と会っていた。

 

「少クラ見ててさ、ずっとキスマイが気になってたんだけど、

今度デビューするんでしょ?」

「私も気になってるの!今度広島来るんだよ~!」

「知ってる!キャンディ(地元のイベント運営会社)

でチケット販売するみたいだよ!取っちゃおっか!」

 

というわけで、今夏デビューのKis-My-Ft2のコンサートに行ってきました。

f:id:koromo8oo8:20151230190048j:plain

 

公演当日。

パルコの前で待ち合わせして、周辺のお店をぶらぶら。

グリーンアリーナに移動する前に抹茶シェイクで休憩。

yuicha.jp

f:id:koromo8oo8:20151230184158j:plain

グリーンアリーナ到着。

グッズ売り場は混雑していなかった。

のんびりと買い物を済ませ、デビューシングルの予約受付売り場ものぞく。

 

開場時間も過ぎていたので、入り口に続く列に並んだ。

前の人が「カメラ・録音機器はお持ちではないですか?」

と聞かれている間に私は鞄を開けた。

 

チケットが・・・ない。

 

さっき、抹茶シェイクを飲みながら眺めていたチケットがないっ!!

 

お店に忘れたか!?

携帯でお店の電話番号を調べて即電話。

・・・ないらしい。

 

先ほどまでいた、グッズ売り場に走る!!

 

このとき一緒にいた友人は、

日焼けをするのが大嫌いな私が、日傘もささずに

炎天下のグッズ売り場に飛んでいく後ろ姿を見て、

「今、大変なことが起きている。」と実感し、

 

「今日はもうダメかもな・・・。このあと何して過ごそう・・。

カラオケかな・・。それとも足つぼマッサージもいいかな・・。」

と、ぼんやりと思っていたらしい・・・。

 

さっきまでCD予約コーナーにいたので、まずはそこへ。

ただならぬ私の慌てぶりに、声をかけられたお姉さんも

「!!!」と、

慌てて周囲のスタッフさんに聞いてくださったけれど、

見つからず・・・。

 

次はそこから離れた場所で、

グッズ売り場へお客さんを誘導しているお兄さんへ

「▲☆&@#?*!!!(T_T)」と、報告。

 

「・・・・・・」

どこかに電話をしているお兄さん・・・。

「受付に届いているそうですよ。」

 

う、、わーーーーん!!!

よ、か、っ、た、ーーーーーーー(T_T)

 

グリーンアリーナに続く道路で、

「チケット譲ってください」

のボードを持った女の子たちを見ていたので、 正直、

「チケット持っていない子にスラれたのかもな」なんて思っていた。

 

反省。

世の中悪い人ばかりじゃないなあ・・・。

 

無事に会場入りし、着席。

この同じ会場の中に届けてくれた人がいるのかな。

 

もしそうなら、ハグして後日地元のお米でも送りたい気分だけど、

それよりも、キスマイからのプレゼントが何よりだろうから、

どうかどうか、その方が、

担当さんから熱烈ファンサを捧げられますように!!!!

と、友人と二人、強くお祈りしました。

 

コンサート終了。

すっごく楽しかった~!

うーん、これはもう、今後も応援したい!

 

キスマイのコンサートの客層ってどんな感じなんだろう?

と、思っていたけど、

「基本的に、ギャルもしくはアラフォー。男性はいない。」

でした。

NEWSのコンサートにいるような

「森ガールファッションの20代の女のコ」系がいないのね~。 

 

帰りの高速バスの「キスマイ帰り率」は高かった。

隣の席のお姉さまも、

「ふふふ・・・♡」な、表情&音楽聞きつつ、

携帯のキスマイ待受を眺めておられました。

 

キスマイから元気をもらい、

そしてどなた様からの親切に、深く深く感謝した1日でした。

このブログの目次 - 美しいものに癒されるから、大切な時間は記録に残す。