読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

美しいものに癒されるから、大切な時間は記録に残す。

ジャニーズ事務所を中心に、美しい人たちを愛でて現場や映画やTVの感想を綴っています。

松下奈緒コンサートツアーScene#25(2011米子公演)~鳥取県に「ゲゲゲの女房」が帰ってきた!

一般 関ジャニ∞ コンサートレポ

こちらは鳥取県境港市と東京都調布市を舞台にした、

「NHK連続テレビ小説 ゲゲゲの女房」の主演女優であった松下奈緒さんが、

鳥取県で凱旋公演をされた時のレポです。

 記録日は2011年5月30日。

***************************************************************************************************

「松下奈緒コンサートツアーScene#25 米子公演 」に行ってきました。

f:id:koromo8oo8:20160123202245j:plain

客層は、

40代以上のご夫婦・近所の仲良し奥さまグループ的な方々が一番多くて、

次いで一人で来ている男性ファン、

20代後半~30代の女性同士やカップルといった構成。

後、朝ドラ影響は大きくて、

普段コンサート会場ではあまり見かけることのない

おばあちゃまおじいちゃまグループもたくさん。

 

当日会場で渡された「お土産」

彼女がCM出演している各社提供。

f:id:koromo8oo8:20160123203100j:plain

f:id:koromo8oo8:20160123205513j:plain

・エコバッグ(JA)

・松下奈緒クリアファイル2枚(JA・アイフルホーム)

・ボールペン(JA)

・レジャーシート(JA)

・栄養ドリンク(タケダ)

普段、贔屓にしている某巨大男性アイドル事務所のライブだと、

本人写真のクリアファイルは有料なので、

「クリアファイルをお土産にくれるなんて!」

と同行の友人とザワめく(笑)


「松下奈緒のコンサートとはどういう感じなのかしら?」

と、思われる方も多いかもしれない。 

 

松下さんはピアニストでもあるのでご自身で作曲した曲を、

しっとりと弾いたり、

バンドメンバーと一緒にノリノリでピアノを立ち弾きしたり、

松下さんご本人が歌われたり、

 

今回はバンドネオン奏者の小松亮太さんとのセッションもあり、

「普段コンサートとか来ないんだけど・・?」な、

田舎のおじいちゃんおばあちゃんも飽きることなく楽しめる構成だったと思う。

 

松下さんのピアノ曲はCMやドラマに起用されていることも多いので、

タイトルを言われてわからなくても、聞くと「知ってる!」と思う曲がたくさん。

 

そして何よりあの美貌。

視界に入るだけで「はーー♡」とうっとりします。

 

2曲弾くごとに曲解説やちょっとしたMC

・朝ドラが決まって約1年間、

毎日8時~0時でNHKに通ったので「なんかOLぽい♡」と嬉しかった。

 

・紅白の司会はすごく緊張したが、

開演前に白組司会の嵐の円陣に入れてもらって、一緒に「おー!」とやった。


・この米子公演の前日は境港に行って、

妖怪ブロンズの写真を一枚一枚全部撮った(←目立っただろうな・・)

 

・バンドメンバーは鬼太郎列車に乗ったものの、

一時間に一本のダイヤのため当分帰ってこなかった。

 

(松下さんのこの日のお衣装)

・黒っぽいゴールドの光沢ある、ノースリーブのロングドレス

・背中が大きく開いた、真っ赤なロングドレス

・紅白で着ていた白のワンピース

・白シャツにスキニーパンツ(アンコール後)

・ピンクのツアーTシャツにデニム(終演後、握手したとき)

 

「父の背中」という、

ドラマ内の大杉漣さんをイメージして作曲した曲を演奏したとき、

頭から譜面が飛んでしまったようで、しばし沈黙。

 

うつむいて沈黙、

お水を飲んで一呼吸、

また沈黙。


おずおずと客席を・・・ちらり。

「・・・・ごめんなさい。曲を忘れてしまいました・・・。」

 

客席から「ガンバレー」の声。

どのお客さんも暖かく見守っている様子。

 

しばし沈黙。

突然降りてきたかのように曲を弾き出す。

ホッとした空気の客席。

こういう生ならではのハプニングは楽しい。

 

こういう地方のコンサートって後半で

「絶対またここに戻ってくるからねーー!!」

みたいなことをアーティストが叫び、

お客さんも半分社交辞令とわかりつつ

「おーー!!」

って返すやりとり、多いのだけど、

koromo8oo8.hatenablog.com

 

「思い入れのある作品の舞台であるこの土地に、また来たいと思っていますが、

また戻ってこられる

(「全国ツアーで各所を訪問できるような実力と人気を伴った」という意味だと思う)

自分でいるために、明後日からの仕事に努力して取り組みたいと思っています。」

と、真摯に語っている松下さんに誠実さを感じた。

 

ラスト、バンドメンバーがゲゲゲの妖怪たちのコスプレをして、

会場も一緒に「ゲゲゲのゲ~♪」と合唱。

終始、大きな拍手鳴りやまぬ暖かい雰囲気の楽しいコンサートでした。

 

終演後、東日本大震災の募金活動で、松下さん自らロビーに立たれる。

募金をしたときに握手をしてくださったのだけど、綺麗だった~・・・。


大きな目をクリクリしながら、

きちんとこちらの目を見て「ありがとうございます」と優しく手を包んでくれました。

 

ちっちゃーーーい顔、大きくて黒目率高い目、身体の2/3が足。

Tシャツにデニムというラフなお姿でしたがとても上品な雰囲気でした。

 

横山裕さんが、ドラマの番宣で松下さんと共演することについて、

「松下さんはシュッとしてますなー。取材で横に並ぶと・・↓↓↓」

と、「よこやまゆうのにっき。」で書いてるのを読んで、

「ヨコだって同じ芸能人なのに!」と思ったけど、ちょっとわかる気がするよ・・・。

わたし、イケメンも好きだけど、美人さんも大好きなのです。

美しいものに癒されて、充電できた一日でした。

 

(おまけ)

米子に行く途中に寄った、

安来道の駅で食べたご当地デザート「クリームドーナツ」

f:id:koromo8oo8:20160123210258j:plain

地産牛乳で作ったふわふわドーナツをその場であたためて、

地産牛乳で作ったご当地バニラソフトを盛り、地産いちごを添えて。

ご馳走さまでした♡

このブログの目次 - 美しいものに癒されるから、大切な時間は記録に残す。