読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

美しいものに癒されるから、大切な時間は記録に残す。

ジャニーズ事務所を中心に、美しい人たちを愛でて現場や映画やTVの感想を綴っています。

映画 「映画 怪物くん」

映画レビュー「映画 怪物くん」

f:id:koromo8oo8:20160131204549j:plain

監督 中村義洋

原作 藤子不二雄Ⓐ

出演

大野 智 松岡昌宏 稲森いずみ 鹿賀丈史 川島海荷 濱田龍臣

八嶋智人 上島竜兵 チェ・ホンマン ほか

 

こちらはお引越し記事です。

投稿日は公開当時の2011年12月4日。

**************************************************************************************

3D映画を見るのって初めて!

入り口で映画代金の他に、

100円の3D代と、200円の3Dメガネ代を支払い入場。

3Dメガネは持ち帰りできるので、今後別の映画を見るときに使用可能。

 

公開初日から1週間経っているのに、会場はほぼ満席。

客層は、

「怪物くんが好きでーす」なちびっこたちとその家族のみなさま、

「嵐が好きでーす」な幅広い層の女性たちで半々。

 

中村義弘監督の作品て、小ネタがちりばめられて、

最後の最後はほっこりして終わるパターンなので好き。

この作品パターンと怪物くんをどうコラボさせるんだろう?とワクワク。

 

本編放映前の予告編は、

地方によって違うのかもだけど、ここからもう3D映像開始。

 

完全おこちゃま向けのアニメ映画の予告で、

顔に直撃しそうに水滴やボールやら飛んできて、本気でよけてしまう。

「ALWAYS」の東京タワーもどかーんと飛び出してくる!

 

(あらすじ)

怪物くんが新大王就任式をボイコットして逃走。

お供と一緒にとある国へ行く。

そこでウタコとヒロシにそっくりなお姫様と弟に出会い、

悪い奴も出てきて、

どっかーん!わー!がー!

「頑張れぼっちゃん!」みたいな。

 

前半はゆるい展開。

相変わらずこの作品に出てくるカレーは美味しそう。

 

3D部分はなかなかの迫力で楽しかった。

岩ががーーんって飛んできたり、

怪物くんの手足が伸びて伸びてびよーーん。

それ以外のシーンも、人物が浮き上がって見える感じで楽しい♪

 

全体的に子供向けに作られてて、ファンタジーワールド全開な感じ。

お供の3人がドラゴン乗って

「俺たちお供だぜ、へいへい♪」

みたいに歌うシーン。ちょっとタツノコプロっぽい。

 

相変わらず妖艶な、ドロンジョさまみたいな稲森いずみ。

全国の「付き添いで来させられたお父さん」のために、

画面から飛び出してほしかった。

 

うみかちゃんとたつおみくん、大きくなったなあ~。

民族衣装、よくお似合い♡

 

ラストのうみかちゃんからの♡♡シーンに、

「おおっ、もうそんなことする年になったのね!!」 

と、ちょっと動揺する。

 

★松岡アニキはやっぱりカッコイイ

★鹿賀大王様の、予想外の回想シーン(笑)

★ドラゴンの声があの人だったなんて!!全然気づかなかったー!不覚。

★おまわりさん、出てきてくれてよかった

★エンドロールのエピソード、好き。

 

・・以上な感想を抱き、

ほっこりした気分で映画館を出ることができるような作品でした。

このブログの目次 - 美しいものに癒されるから、大切な時間は記録に残す。