美しいものに癒されるから、大切な時間は記録に残す。

ジャニーズ事務所を中心に、美しい人たちを愛でて現場や映画やTVの感想を綴っています。

松本潤さんの2016年春のドラマ主演決定を受けて思ったこと。

松本潤さんが4月17日スタートの日曜劇場「99.9-刑事専門弁護士」

の主演されることが発表されました。

f:id:koromo8oo8:20160225164133p:plain

 

headlines.yahoo.co.jp

 

連ドラの主演は2014年の「失恋ショコラティエ」以来になるとか。

そうか、もう2年も経つのか。

あのドラマ大好きだったなー。

毎週月曜日が楽しみだったな。

 

今回のも楽しみだなー。

しかも「日曜劇場」だから内容もちゃんとしてそう。

邦画・ドラマ好きでもあるので、嵐が出てても内容もよくないと嫌なの。

 

あと、個人的に好きな俳優さんの青木崇高さんがライバル役って!

「ちかえもん」「ちりとてちん」に出てる人だよ。

いい俳優さんだよ。

 

松本潤VS青木崇高なんて、もう、期待しかない。

 

そんなことを思いながらネットのニュースを読んでいた。

 

そしてTLにはどんどん、

「ドラマ楽しみ」

「ワイドショーで番宣した短髪の潤くんすてき」

「これから雑誌・TVの松本潤祭り楽しみ」

「これから毎週日曜の夜が楽しみ」

などなどの、

「松本潤さんにデレデレメロメロ!!」

な、ツイートがどんどん流れてきました。

 

それを読んだとき、私は安堵したのです。

 

そうなんだよ。

私たちは松本潤さんのことが好きなんだ。

 

昨年行ったコンサートで、松本さん本人の口から、

「自分を嫌いな人がいる」「俺のファン少ない」

の、ようなニュアンスの発言をされ、耳を疑った。

koromo8oo8.hatenablog.com

 

だって、私が普段仲良くしている人や、

一方的にツイートやブログを読ませてもらっている人たちも、

みんな「嵐が5人とも大好き!」な人たちばかりだから。

 

帰宅してから調べてみたら、松本さんアンチという方もいて、

過激な発言をしていたりしているらしい。

「まあ、あれだけの人気者なのだから、一定数は叩く人もいるのだろう」

と、気にもしていなかった。

 

しかし先日たまたま、

とある大手通販サイトの嵐のライブDVDのレビューを読んでいてゾッとした。

そこには松本さんへの批判を綴るものがたくさん掲載されていた。

 

まともな感性を持つ人ならば、

読んだところで購買に影響は出ないであろう稚拙な内容だったのだけど、

本人がライブで口にしてしまう程の存在はこの人たちのことなのか、

実在していたのか、と動揺した。

 

誰を好きになろうが嫌いになろうが自由だし、

嵐の誰かを好きだから5人全員を好きになる必要もないと思う。

だからといって、それは「攻撃してもいい」理由にはならない。

  

その後松本さんの出演するCMの広告に悪戯をする人が出てきたりもして、

更に心を痛めていた。

 

だから今回の、

「嵐ファン一同、松本潤の新ドラマにワクテカ」状態を見てホッとした。

 

異質な人たちは例え少数であっても目立つ。

目立つから、その集団の多数派と錯覚してしまうこともある。

 

そんなことなかった。

松本さんの担当はもちろん、他のメンバーの担当も、

松本さんを好きな人がほとんどなのだ。

そっちが大多数なのだ。

 

よかった。

何度も言うよ。何度でも言うよ。

 

松本潤さん、私たち嵐ファン一同は貴方のことが好きです。ドラマ楽しみにしてるね♡

 

 

きもちわるいブログになっちゃったけど、知らん。

このブログの目次 - 美しいものに癒されるから、大切な時間は記録に残す。