読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

美しいものに癒されるから、大切な時間は記録に残す。

ジャニーズ事務所を中心に、美しい人たちを愛でて現場や映画やTVの感想を綴っています。

林檎女史ヲ尊ブ~東京事変 live tour 2010 ウルトラC

こちらの記事は2010年、初めて東京事変のライブに行った時のレポです。

「東京事変 live tour 2010 ウルトラC」

********************************************************

東京事変のライブに初めて行ってきました。

f:id:koromo8oo8:20160507192632j:plain

林檎ちゃん、すごく可愛かった。

嗚呼まさか、田舎町で椎名林檎が拝めるなんて。

 

チケットは一般発売分だったので2階席。

でも、FCの人でもなかなか厳しいと聞いていたし、

立ち見も完売だったので 「行けるだけでありがたい」と思っていた。

 

が、当日になって知人から、

「1階の前方の席を2枚取ってたんだけど、行けなくなってしまったの。

タダであげるから、そこに座ってもらえない?」との連絡が。

 

ありがたく頂戴したけれど、私たちの2階席チケットはどうしよう・・・。

会場に行けば、「チケット譲ってください」を出してる人がいるのでは?

という話になり、早々に会場へ。

田舎だからなのか、あれはジャニーズ特有の文化だからなのか、

それらしき人は見当たらない。

 

「それなら立見席の人に譲ろうか?」という話になり、

立見席用の列に並ぼうとしていたOL風の女性2人組に、

「こういう事情なんですが指定席に座られませんか?代金はいりませんので。」

と声をかけてみる・・が、

 

「あの・・・、私たち、実は4人組なんです。あと2人はもうすぐ来ます。

嬉しいけど、どうしよう・・・。」

と、予想外の返事が返ってくる。

 

立見席用の列には既にズラリと人が並んでいて、

他の人たちにも私たちの会話は筒抜け。

 

そんな中、2人は「○○ちゃん座りなよ~」「☆☆ちゃんこそ座る?」

みたいな譲り合いを始めてしまい、

そうこうしているうちに周りにいる立見の人たちが、

「なになに、受け取らないの?それならうちらがもらうんだけど!!」

みたいな殺気を漂わせはじめ、辺りはすごく変な空気に・・・・。

 

空気に気付いた会場スタッフが飛んできて、私・・・。

 

ダフ屋だと思われ、警告・詰問されました。

 

アタシ、ダフ屋に見えるかしら?

自分ではそんな悪人顔じゃないと思ってたけど?

 

「林檎ちゃんに会うからきれいめにしとかないと!」と思って、

髪はふんわりと巻いて、膝丈ワンピースに、パンプス、と、

「OLのデートファッション☆」的な感じでしたけど? (号泣)

ろくに話も聞かないまま、私をホールから追い出そうとする、

学生バイトであろう若い男性スタッフ。

 

引きずりだされそうな勢いの中、事情を説明したら、

「あーそうですか。(めんどくせえことしてんじゃねえよ。紛らわしいことしてたおめえが悪いんだよ。)」と、

ダルそうに引き上げていく学生バイト風若い男性スタッフ。

 

・・・・・・・・。

(めちゃくちゃ好きな女の子とデートにこぎつけるものの、デート中にお腹がピーピーになって、慌ててトイレに駆け込んで用を足してホッとしたら紙が切れていることに気づいて、真っ青になっていたら、怖いお兄さんに「まだかよ!」と扉を蹴られて、そのまま出るしかなく、彼女のところに戻ったものの「なんか変な臭いしない?」とその後ずっと嫌な顔をされて、「そういえばこんな日に限って俺、白のパンツ履いてるわ!!」みたいな目にあうノロイ♡をかけてあげるネ☆)

 

チケットは結局、最初に声をかけた女性たちに渡りました。

その後別口で来てた友人に会ったので 、

「聞いてよ!!さっきさ!!」と愚痴る。

「ええ!?ダフ屋だと思われたん?わははははは!!!」と笑われ、

「笑いごとじゃないっっ!!」と騒いでいるうちに気も晴れた。

 

東京事変のメンバーのおひとりが私たちの地元のご出身のため、

会場は純粋なファンとは別に、

「○○さんの息子さんの晴れ姿を見に来ました。」

的な、ご年配の男性と女性のグループが点々。

 

私たちの隣もそういう方々で、グッズの手旗を見て

「それってもらえるんですか?」

「いえ、買うんです。」

「買ったらどう使うんですか?公演中に振るの?」

「はい、振るんです。」

「そんじゃ、私らも買ってきます。」

な、会話を交わす。


開演。

 

林檎女史は、白くて、華奢で、艶めかしくて。

魅惑の声は言うまでもなく。

 

歌うことと引き換えに命を吹き込まれた人形か、

弦楽器の精が人の姿を借りて現れたのか、

なんて例えてみたくなる。

 

開演前は 、

「ナマ林檎を拝んだご利益で、あの妖艶さを1ミリでも分けてもらえるといいな♡」

なんて思ったものですが、撤回。

あんな色気、分けて頂いても私なんぞ使いこなせません!

 

素敵な、魅惑の、ライブでした。

このブログの目次 - 美しいものに癒されるから、大切な時間は記録に残す。