読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

美しいものに癒されるから、大切な時間は記録に残す。

ジャニーズ事務所を中心に、美しい人たちを愛でて現場や映画やTVの感想を綴っています。

関ジャニ∞LIVETOUR2012 8ESTレポ(後編・完)~ライブ概要とメンバー観察編

こちらのライブレポは2012年の関ジャニ∞のライブに参加したときのものです。

記事内に登場するお店等は2012年当時のものです。

 **************************************************************************************

関ジャニ∞LIVETOUR2012 8EST 

広島グリーンアリーナ公演記録日記(後編)

前編はこちら↓↓

koromo8oo8.hatenablog.com

f:id:koromo8oo8:20160520211437j:plain

会場はお子様からお母さん世代まで本当に幅広い。

服装もギャルからコスプレから普段着まで。

男性もそこそこ。

 

☆16:00 開演。

友人の超強運のおかげで、アリーナ2列目。

 

この良席を知らされたとき、真っ先に思ったのは、

「周囲の人たちが『ダフ屋から高額で買ってやったぜ!!』的な、

ガツガツな盛り髪ギャルとか、

うちわを扇のように複数持ちするデカリボンの双子ちゃんとか

だったらどうしよう・・・。」

だった小心者のわたし。

 

実際入ってみると、周りのみなさんは本当に控えめな、

「え~~本当にこんな席、どうしよう~~💦」な方々で、

マナーもよく、本当に本当にホッとした。

 

この席で一番よかったなあ、と思ったのはMCのとき。

目の前に横山さんが立ってて、MCを仕切る。

 

白い頬に綺麗な手を当て、会話の継ぎ目の度に、

「なあ~?」とか、

「そう思うやろ?」

と、こちらに相槌を求めてくる。

 

「うんうんうんうんうん!!!!」

といちいち激しく頷く1~10番ブロック一同。

 

「お客さんたち何歳くらい~?」な話題になり、

10代から70代まで、年代ごとに挙手する。

(最年長は70代の女性。村上うちわを振っておられました!)

 

目の前の横山さんに、

「ふう~ん。昔は、30過ぎたらおばちゃんみたいな感じやったけど、

どの年代の人もみんな普通に綺麗やな~。」と、眺められ、

ピンポイントで褒められたような錯覚を起こし、

ドキドキしてしまう1~10番ブロック一同。

横山

「40代のお客さんとも俺つきあえるな!」

お客さん

「きゃーーー!!♡」

村上
「でも中身次第やで!」

横山

「そんなん!何歳相手でも中身次第や!」

 

丸山

「ジャニーズの成人式って最近やらへんよね。俺の年でもなかったしね。」

メンバー

「ニノと潤くんの年やろ?やってたで。」

メンバー

「ワイドショーで見たで。お前が呼ばれんかっただけや。」

丸山

「・・・・・・・・・・・・・・・・。」

 

☆この席のよくない点、

・特効の爆音に命の危険を感じる

・炎の演出で、顔がひりひりするくらい熱い。

・メンバーがバックステージやスタンドのトロッコへ行ってしまう後ろ姿を見るときのせつなさ

・銀テープは頭上を飛んで行くのを眺めるだけ

 

コンサートの座席は本当に一長一短。

入れるだけでありがたく、どんな席も楽しい。

「ド天井」も、それはそれで好き。

 

エイトのライブに行くのは1年ぶり。

今年は本当にいろいろなコンサート・舞台に行くことができ、

直近の向井理の舞台の余韻はまだ抜けていなかった。

koromo8oo8.hatenablog.com


そんな心の状態での下ネタ連発に若干びびる。

そういえば、この人たちそうだった!!(笑)

 

「エイトレンジャー」という戦隊モノの寸劇コーナーで、

「助けたお姫様着ぐるみと夜いいことしちゃうぜ!!」

的な話題になってしまうレンジャーたち。

 

「いつも小さいパンツをはいてるのでち○○○がよくはみ出てます。

ち○○○がでかいわけではないです。」

と言ったにしきどさん。

 

「亮」うちわを持っていた、10代後半と思われる隣のお嬢さんに向かって

「へへへ~~!」な表情で腰を振ってみせていたにしきどさん。

そのファンサービス正解・・・?(笑)

 

ギターを弾きながら、

せつない表情で声を絞り出している姿は素敵だった・・のに・・(遠い目)

 

おねえさんはちょっとびっくりしてしまったので、

今回は、丸山・安田・大倉の3名を中心に眺めていました。

 

 普段ヘラヘラしてたり、ニコニコしてたり、ちょっとへにゃっとしてる3人が、

伏目がちに黙々と楽器を奏でる姿は、とてもセクシーで美しい。

 

去年スタンド席で入ったときは表情を観察してたけど、

今回はパーツパーツに釘付け。

 

額に張り付く湿った髪や、

楽器に滑らせる指や、血管が動く腕を、

どきどきしながら眺めてた。

 

大倉さんはちょっともっさりした茶色い髪と、

ちいさな綺麗な白い顔で、本当に外国の美少年みたい。

 

お客さんの表情も、うちわも、一生懸命見てたのが印象的で、

去年のライブではダントツで見なかったことを心の中でお詫び。

 

ライブ終わり、ベースをずっと奏でていたピックにキスして、

胸汗から腹汗までなすりつけまくる丸山さん。

 

そのまま目の前に放り、

「きゃあああ!!♡」と大騒ぎの20~30番ブロック。

 

7人ともほんっと細かったー!!

広島1日2公演×2日は疲れただろうなあ。

今年最後のライブ。楽しい時間を過ごせました。

 

お好み焼きでシメ! 

tabelog.com

(おしまい)

このブログの目次 - 美しいものに癒されるから、大切な時間は記録に残す。