読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

美しいものに癒されるから、大切な時間は記録に残す。

ジャニーズ事務所を中心に、美しい人たちを愛でて現場や映画やTVの感想を綴っています。

(ネタバレなし)映画 「TOO YOUNG TO DIE!若くして死ぬ」

TOKIO 映画レビュー 神木隆之介

映画レビュー「TOO YOUNG TO DIE!若くして死ぬ」

鑑賞に影響するようなネタバレはないつもりですが、

ちょっとの予備知識もいらない!という方はご注意ください。

 

 

監督・脚本 宮藤官九郎

出演

長瀬智也 神木隆之介 尾野真千子 森川葵 桐谷健太 清野菜名

皆川猿時 シシド・カフカ 古舘寛治 清 古田新太 宮沢りえ

坂井真紀 荒川良々 瑛蓮 ほか

 

(あらすじ)

俺、大助(神木隆之介)は、DTどころかキスもまだな高校生。

同じクラスのひろ美(森川葵)ちゃんに絶賛片思い中!!

今回の修学旅行の自由時間が二人の距離を近づける勝負の時だと思ってる。

 

しかし、自由行動前日にバスが崖から転落。

俺、死んじゃったし!!

しかも行き先地獄だったし!!

 

地獄でも学校に通わないといけなくて、偏差値46の俺は地獄農林高校へ。

高校で軽音楽部に所属しているCOZY(桐谷健太)と邪子(清野菜名)と

軽音部顧問のキラーK(長瀬智也)に地獄のシステムを学ぶ俺。

 

ていうか、キラーKって俺が生前通ってた、

貸しスタジオ「ぱんだ」の従業員の近藤さんじゃん!!

 

そんなことより俺、「リンネテンセー」ってやつして、人間界に戻って、

明日の自由行動でひろ美ちゃんと仲良くなりたいんだけど・・・。

 

宮藤官九郎さんらしい、

下ネタ満載で、くっだらない(褒めてます)小ネタも満載で、

最後はベタにキュンとしちゃうドタバタラブコメディですよーー!

 

私、事前に、

「中村獅童さんが出演されているはずですが、見つけることができませんでした。」

っていうレビューを読んでたので、

「絶対見つけちゃうもんね。」と目を光らせていたのですが、ひっどい役でした。

さいてーさいてー。

 

とりあえず俳優さんがめちゃくちゃ豪華です。

そしてみなさん役へのなりきりぶりが素晴らしい。

キラーKの元カノの尾野真千子さん、尾野さんだと気づくまで結構かかった。

 

「劇場で見ようかどうしようかなあ」

と迷っている方がおられるなら、劇場で見ることをおすすめします。

 

この映画の楽しみどころは、

地獄在住ミュージシャンの皆様のバンド演奏と、

この世とは違う特殊な世界観に浸るところなので、

(現世でご活躍のあの人やこの人が、元地獄の住人で、

努力の末に人間界に転生してたなんて知らなかったわあ~(笑))

 

ご家庭サイズのテレビで見たり、

ましてや途中でCMが入ったりすると、楽しさが3割~半減すると思われる。

 

地獄ミュージシャンの皆様は本当~に、カッコイイので、

是非劇場の音響とスクリーンで楽しんでもらいたい。

 

私、この映画の一番のお目当ては神木さんだったのですけど、

前半のダメで痛いキャラクターとか、

普段は違う美しくない顔をさせられたりとか、

そういうのも楽しかったし、

 

後半、どんどん成長していって、

顔つきが精悍になっていくのも麗しくて、満足できました。

 

作品のテーマはすごくベタで、

でも私単純だから、まんまとクドカンメッセージをまっすぐ受け止めて、

 

「どこよりも楽しくて幸せな、人間界を満喫して生きよう」

 

と、思って劇場を後にしたのでした。

 

このブログの目次 - 美しいものに癒されるから、大切な時間は記録に残す。


にほんブログ村