美しいものに癒されるから、大切な時間は記録に残す。

ジャニーズ事務所を中心に、美しい人たちを愛でて現場や映画やTVの感想を綴っています。

初期のキスマイのオラオラ感と藤北が好きな人間が綴るKis-My-Ft2コンサートレポ2016「I SCREAM」(その6・完)~「&say」と「Re:」のこと

キスマイ2016年のツアー初日に参加いたしました~。

 

こちらのレポはネタバレありで、

☆藤北好きの藤ヶ谷担

☆7人全員をイケメンとして売り出してほしい

☆キスマイが一番輝くのはオラオラしてるとき

☆ハッピーでライトな楽曲はちょっとにして、あとは他Gに任せとけ

☆好きだから、実力があると思うから、批判もする

という思いでキスマイを応援している人間が書いておりますので、

ご賛同できない方はご容赦くださいませ。

 

(その1)はこちら↓↓

koromo8oo8.hatenablog.com

 

☆PSYCHO

私の愛してやまない「オラオラキスマイ」の時間がやっと来たよー!!(号泣)

黒い羽を背負ったオラオラ衣装に、7人並んで和太鼓演奏から始まる。

カッコよかったし、7人とも野性的ないい表情してた!

 

歌が始まって、激しめの群舞。

藤北筆頭に、

「お前ら全員腰抜けにしてやっからな!」な各メンバーの表情たまらん。

 

こういうときの舞祭組の表情も見てね。

いつもと違う真剣な表情にぞくぞくするよ。

特効どかんどかん。

ヒュー!

 

☆Black&White

続いて「そう来たかーーー」といい意味で裏切られた選曲。

これも嬉しい!!

 

これの後「S.O.KISS」とか、

本当に本当にやってほしかったんだけど叶わず(涙)

 

あと、キスマイ初めてさんが一緒だったから、

「FIREBEAT」のヘドバンとかナマで見てもらいたかった・・・な・・。

 

☆&say

全国の藤北担の皆様に聞きたいのですけど、CD聞きながら、

ダンスの構成(ていうか藤北がどこで絡むのか)って想像しました?

私はしました。

 

私的には、サビまでは離れて個々に踊って、

サビの「(5!)You drive me crazy~」辺りから、

背中合わせにジリジリと近づき始め、

「(1!)Yeah~~~!!」で絡んで、

会場が「ギャーーーーーー♡」ってなるものだと信じて疑わなかった。

 

当日、藤ヶ谷さんは白いイケメン衣装なのに、

北山さんが民族衣装風の帽子を被って登場した辺りから若干嫌な予感がしていて、

「二人の衣装に統一感がない・・・。あれで絡むの??」と見守っていたら、

結局二人は絡まぬまま前半が終了し、

 

「どこかのタイミングであの帽子は脱いで、そこから絡むのだわ。」

と勝手に想像して気を取り直して、見守っていたら後半のサビも終了し、

最後ちょいちょいっと二人が接近して踊って終了。

 

「・・・・・・・」

ショックを隠し切れない。

(同じように思った人が多いことを願います。)

 

「ああ、でもでもMV作ったし、ここからの~『FIRE!!!』かな?」

と思ったらそれもなくてだね・・・・。

 

二人が「ヲタが喜ぶ藤北」をもうやりたくないと思ってるなら、

もちろん無理にやる必要はないの。

 

でも「藤北」のときの藤ヶ谷さんは、

個人のときとも、7人のときとも違う魅力を持っていて、

北山さんにも同じことが言えて、

 

二人がぶつかることによって生まれる狂気を含んだ色気で、

会場が「ギャーーーー!!」となるのは、

キスマイコンサートの醍醐味のひとつだと思ってる。

 

藤北よ・・・、今からでも遅くありません・・・、

DVD収録までにもっと絡むのです・・・。(天からの声)

 

☆「Re:」

初回限定版のソロアングルとメイキングを見たとき泣いた。

ソロアングルは正直、担当以外は1回見て終わりかなと思ってたけど、

全員分本当に個々の良さが出ていて、そしてみんなの表情が優しくて、

何回も全員分リピートした。

 

こりゃー、生で聞いたら本当に泣くわ、と思ってたんだけど、

あんまり「泣け泣け」な演出じゃなかったです。

私も泣かなかったし、周囲で泣いている人もいませんでした。

 

バックに手書きの歌詞がハートマークと一緒に出て、

メンバーは担当歌詞を歌う者同士で都度都度いちゃついて、

客席「きゃっ♡」的な可愛い演出でした。

 

勝手に想像してたのと違った、と言えばそれだけなんだけど、

バックにソロアングルとメイキングの映像流して、

メンバーはひとりひとり真剣な表情で、曲紹介もしっかり、的な、

「泣かす演出」が個人的にはよかったな~。

 

いろいろ書いてしまったけど、トータルではとても楽しくて、

 相変わらずローラーパフォーマンスが華やかで美しくて、

一人一人がお客さんを楽しませる実力もつけてきて、

 

全体的に大人の男性になりつつあるなあ、これからもっと楽しみだなあ、

と思わせてくれるコンサートでした。

 

私のツアーはこれで終了だけど、まだ始まったばかり。

ケガなく問題なくみんなが最終日を迎えられますように。

DVDを楽しみにお待ちしています。

(おしまい)

 

このブログの目次 - 美しいものに癒されるから、大切な時間は記録に残す。