読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

美しいものに癒されるから、大切な時間は記録に残す。

ジャニーズ事務所を中心に、美しい人たちを愛でて現場や映画やTVの感想を綴っています。

皮膚科の医療用レーザーで永久脱毛した体験記。(その4・施術3回目)

ジャニーズカテゴリーに投稿しているこのブログを読むのは女性ばかりだろうから、

女性ならではの話題ということで、現在通っている永久脱毛の話の続き。

 

(その1)はこちら↓↓

koromo8oo8.hatenablog.com

 

(その2)↓↓

koromo8oo8.hatenablog.com

 

 

(その3)↓↓

koromo8oo8.hatenablog.com

 

女性なら気になる話題なんだけど、周囲に堂々と聞きづらい話題で、

だけど知識ないまま、現場に丸腰で突っ込んで行くのは怖いから、

この記事がどなたさまかの参考になれば幸い。

 

永久脱毛施術3回目。

部位に生えてくる毛はかなりまばらになりました。

毛質も柔らかく、髪の毛より弱く、産毛より強く、って感じ。

 

かと言って、今の状態のままではカミソリでの処理はまだ必須な状態。

 

そんな現状を施術前に先生に伝えると、

「そうですね、今回が3回目なのでそんなもんだと思いますよ。」とのこと。

 

前回と同じく紙パンツ履いて、タオルスカート履いてベッドで待機。

 

施術開始。

肌が柔らかい部位なのでやっぱり痛いけど、

「痛い」ということにも慣れたから、

「こんなもんさ」という気分で耐える。

 

ところで私、以前両腋の永久脱毛を別の皮膚科で受けていたのですが、

当時の先生に、

「どこでやめるかは患者さんのさじ加減ですから。

(=自己処理に負担にならないくらいの状態で終わりにするって選択もあるよ、

1回ごとの精算だから安く終わらせたいならそれもアリだよ。)」

と、言われ、

 

「これくらいなら毛抜きで処理すればいいかしらん。」

という状態で終わりにしていたのです。

 

で、その部分をもうちょっとしっかり綺麗にしたいな、と思って、

「次回はぶいじゃなくて、両腋をしたいのですがいいですか?」

と、聞いてみたら大丈夫とのこと。

 

ということで、次回は腋を処理することにいたしました。

通うごとに部位がつるつるサラサラになってとても快適でございます。

 (次回につづく)

(その5)更新しました↓↓

koromo8oo8.hatenablog.com

 このブログの目次 - 美しいものに癒されるから、大切な時間は記録に残す。


にほんブログ村