読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

美しいものに癒されるから、大切な時間は記録に残す。

ジャニーズ事務所を中心に、美しい人たちを愛でて現場や映画やTVの感想を綴っています。

知念さん出演シーン詳細解説【ネタバレあり】映画「超高速!参勤交代リターンズ」

佐々木蔵之介 Hey!Say!JUMP 映画レビュー

映画レビュー「超高速!参勤交代リターンズ」

ネタバレありです。

 

監督 本木克英

出演 

佐々木蔵之介 深田恭子 伊原剛志 寺脇康文 上地雄輔 

知念侑李 柄本時生 六角精児 古田新太 近藤公園 渡辺裕之

中尾明慶 橋本じゅん 宍戸開 富田靖子 市川猿之助

石橋蓮司 陣内孝則 西村雅彦 ほか

 

 2014年公開の「超高速!参勤交代」の続編。

これを見てなくても、今回の「リターンズ」は楽しめるけど、

見ておいた方が絶対楽しい。

 

(あらすじ・ネタバレなし)

前作の騒動の罪により、政界から去った老中・信祝(陣内孝則)だったが、

引き下がる様子は見せない。

前作で出会い、側室にすることになったお咲(深田恭子)との祝言に盛り上がる

湯長谷藩主・内藤(佐々木蔵之介)一行であったが、

その頃、藩主不在の村で一揆が起き、村も城も田畑も荒らされていた・・。

 

(以下ネタバレします)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

映画自体は前回と同じくパワフルで優しくてあたたかい。

蔵之介さん演じるお殿様が、ファンタジーなくらいに優しくてあたたかい。

こんな政治家が今の日本にいたら、どんなにか民は安心だろうか。

 

陣内孝則さん率いる悪者チームは笑えるくらいのワルっぷりで、

「こんなに悪かったら絶対に正義が勝つわ(笑)」と思えてくるくらい悪い。

 

そして、今作を楽しませてくれるキーパーソン・古田新太さん。

大岡越前(笑)

 

途中から古田さん出て来て大岡越前役だとわかった途端の安堵感(笑)

「古田さんが演じる大岡越前が味方につくなら絶対、湯長谷藩大丈夫!!」

と、心から思えて安心する。

 

今放送中のNHKの朝ドラで「古田さんの無駄使いやめて!」と、

モヤモヤしていたので、

的確に古田さんが起用されている作品を見ることができてよかったです。

 

映画館はわりとご年配の方が多くて、

みなさん終始爆笑しながら見ておられてほほえましかった。

 

あとこれジャニヲタブログなので、

知念さん目当てでこの映画を見ようか迷っている方へ。

 

他の家臣に比べて出番は少なめだけど、満足必至。

 

冒頭で弓の名手であることを紹介される知念さん。

お祭りでバシバシと的に弓を当て、賞金もおなごの心もかっさらって、

キャーキャー言われる知念さん。

 

しかし、上演30分で知念さん川に流され一旦退場。

知念さん抜きで湯長谷へ向かう一行。

「あ~あ、知念さんもう退場か・・・。ま、でも助かるんだろうな。」

と、残念に思いながらしばし知念さん抜きの物語を楽しむ。

 

その後、案の定復活する知念さん。

河原に打ち上げられ、気を失っている知念さん。

美しい上半身がつやつやと水をはじいています。

しかし一見、溺死体のよう。

 

溺死体的知念さんを発見して、悲鳴を挙げるオトナ♡女子村人ご一行様。

恐る恐るのぞきこんだ後、

着物のすそをめくって、知念さんの知念さんを確認し、

「あらまあ・・・、可愛いホトケさんだこと♡」

(映画館内爆笑)

ここで起きて「どわああ!!!」となる知念さん。

 

その後は馬で湯長谷へ戻り(乗馬シーン素敵)

→湯長谷城を占拠する敵陣を仲間とともにやっつけて知念さんだけキャーキャー

→実は、知念さんは思いを寄せるおなごがいて・・・(笑)

 

知念さん活躍シーンについてはこのような感じですのでご査収ください。

 

前作と同じく笑ってホロリとして、心があたたかくなる作品です。

そしていわきの方言がすごく素敵。

監督さんスタッフさん役者さんから地域への愛を感じました。

このブログの目次 - 美しいものに癒されるから、大切な時間は記録に残す。


にほんブログ村