読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

美しいものに癒されるから、大切な時間は記録に残す。

ジャニーズ事務所を中心に、美しい人たちを愛でて現場や映画やTVの感想を綴っています。

(ネタバレあり)映画「SCOOP!」はヒロイン福山雅治姫がひたすら愛される物語だった。

映画レビュー

映画「SCOOP!」(PG-12)見てきました。

 

監督 大根仁

原作映画 「盗写1/250秒」(監督・脚本 原田眞人)

出演 福山雅治 二階堂ふみ 吉田羊 滝藤賢一 リリー・フランキー

斎藤工 塚本晋也 中村育二 ほか

 

 

 

(あらすじ)

都城静(福山雅治)は写真週刊誌「SCOOP!」で活動しているフリーのカメラマン。

専門は芸能スキャンダル。

闇の人脈・チャラ源(リリー・フランキー)の協力と、

犯罪スレスレの危ない接近で数々のスキャンダルを激写する、

処女と新車には乗らない中年パパラッチ。

 

そんな静の元に新人記者の野火(二階堂ふみ)が送り込まれる。

「SCOOP!」編集部・敏腕編集者の定子(吉田羊)に新人育成を頼まれるが・・・。

 

(以下ネタバレありです)

 

ヒロイン・福山雅治姫がひたすらみんなに愛されて愛される映画でした。

 

事前に某映画サイトを見たらものすごく評価が低くて、

レビューをいくつか読んでみたら、

どうやら一部の客層がひたすら評価を下げてる様子。

 

ただ「最低のクソ映画」みたいなことばかり書いてあるから、

どういう部分が酷評に値するところなんだろう?と思いながら見に行った。

 

PG-12だから暴力的な感じなのかなあ、と思ってたら、

ひたすら下ネタ。

 

冒頭から取材待機中の車にデリ嬢呼んでいそしむ福山姫。

ギャラはすべて酒と風俗に消える福山姫。(借金もあり)

間違いなくおくすり常習者のリリーさんとセクキャバ行って、

わっほーーい!の福山姫。

そんなやんちゃな福山姫だけど、

みんなだいすき!モッテモテ♡みたいな映画で、

 

どれだけ汚れても福山雅治はイケメン。

という事実をつきつけられるので、

おもしろくない男性は確実にいるのではないかと予想。

 

たぶんそういう男性と、

下ネタ祭りにびっくりした人がつけた低評価なのかな、と思いました。

 

この主人公、福山雅治さんが演じてなかったら、

女性の99%は、

「キモイ、最低、無理」と評価するだろう男。

でもめっちゃモテる。

 

二階堂ふみちゃんも一緒にスクープ追って、頭ポンポンされてるうちに落ちてるし、

(しかし、ふみちゃんとのむふふシーンは控えめに言ってもコント)

 

吉田羊さんは現在も関係ありの元妻で、

でもいつもの風俗も、ふみちゃんのこともオッケーよ♡の寛容さ。

(この映画の吉田羊さんは本当にカッコよくて美しい!!)

 

かつての同僚男性(現在は文芸誌で出世コース)も、

嫌味言いつつ正統派カメラマンに戻る仕事にさりげなく誘い、

 

「この人くらいは敵かな?」と思っていた

同編集部の滝藤さんも蓋開けてみたら、マシャ激ラブ♡だし、

 

リリーさんに至っては愛しすぎてとんでもないことになるし、

(リリーさんの狂人演技は助演男優賞とかあげたいレベル)

 

モテる。

モテすぎ。

 

冒頭、福山さんのたるみ気味のいつもよりふっくらした頬を見て、

「ああ、こういう役のために役作りで太ったのよね。」

と、勝手に脳内補完する自分に、

 

「福山雅治マジック恐るべし!!

年齢的に普通にたるんだだけかもしれないじゃん!!」

とおののく。

 

しかも私は「特別ファン」というわけではないのです。

雅治・・・!恐ろしい子!

 

物語はけばけばしくて、ゲスくて、私は好きです(笑)

公開前に見た予告編で↓↓

www.youtube.com

 

「2番目に撮られてるスキャンダル、ほぼ『○っちゃん』じゃん!!」

と笑っていたのですが、

 

実際にモデルが予想できて「やばいやばい(笑)」ってなったのは、

イケメンでおばさまに大人気で、将来は総理に就任するだろう、

と言われている○○党(架空の名前)の若手議員。

 

「シン様」(斎藤工さんが演じています)

って、もうやめて(笑)

 

その「シン様」のむふふ写真を、

「イーーーーヤッホーーーーーウ!!」

と笑いながら激写する福山姫、

ゲスい!!ゲスいよ!!(褒めています)

 

ドキドキザワザワするスピーディな物語に、

実力ある俳優陣の熱演で、

すごくテンションが上がって、楽しめる映画です。

 

いつか地上波で流されるなら、

たくさんPG-12シーンカットしないといけなくなって、

賞味1時間20分くらいになってしまいそうなので、気になる方は劇場で。

このブログの目次 - 美しいものに癒されるから、大切な時間は記録に残す。


にほんブログ村