読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

美しいものに癒されるから、大切な時間は記録に残す。

ジャニーズ事務所を中心に、美しい人たちを愛でて現場や映画やTVの感想を綴っています。

Kis-My-Ft2ライブレポ2012「Kis-My-MiNT Tour」その①~ライブ概要とメンバー考(前編)

Kis-My-Ft2 ジャニーズ  コンサートレポ

Kis-My-Ft2ライブレポ2012「Kis-My-MiNT Tour」

(こちらのライブレポは参加した2012年に書いたものです。)

 

 ************************************************************************

f:id:koromo8oo8:20160902151355j:plain

 (↑グッズのクリアファイル)

ジャニーズのコンサートって今まで、

○まあまあのスタンド席

○天井席

○埋もれアリーナ

しか入ったことなかったのです。

 

しかし、今回初めて、アリーナ席の花道真横という席が当たり、

「アリーナの客ってこんなに濃いい交流をタレントとしてるの!?」

と、カルチャーショックを受けて帰ってきました。

 

個人的にキスマイのライブの見どころツートップは、

「華やかな群舞」と「甘くて伸びやかな歌声」

だと思っています。

 

なんだけど、

目の前に交互にメンバーが来てくれると

そっちに神経が全部持ってかれてしまい、

大人目線で穏やかに愛でることができない!!

 

「どの席も一長一短なんだな。

その時与えられた席の長所に身を委ねるのが、

コンサートを最大限に楽しむコツなんだなあ。」

と学びました。

 

ということで、今回、

「ツアーコンセプト」とか「セット」含め、

全体的なことは「後でDVDで見よう」と割り切り、ほとんど記憶にないです。

 

他人宛でもファンサービスを目撃すると、

楽しくなってしまうタイプなので、とても楽しかった。

 

「MAX4の法則」という、

「芸能人がたくさんいても4人までしか記憶できない」

という自分の限界により観察にはムラがあり。

 

むんむんせくしーな感じのステージのため、

男性は「連れてこられたお父さん」的な人しかいません。

 

基本会場内は、

「きゃああああ!!!」な血気盛んなお嬢さんたちか、

「んふふ♡」と愛でているお姉さんたちかのどちらか。 

 

(メンバーについて)

☆横尾さん

メンバーの中でも上位で好きで、

「スラリとしたモデル体型と穏やかな感じが素敵♡」

な、方なのだけど、

今回あまりうちのエリアに来てくれなくて特筆することがありません。

 

数少ない、目の前に来たときの印象は、

「TEAM NACSの戸次さんと似てるなあ・・。」

そういえば、戸次さんのことも好きだ。

 

☆北山さん

キスマイのメインボーカルの1人。

同行の友達は北山さんご贔屓。

 

身体ちっちゃくて小動物系の可愛いルックスだけど、

歌とダンスのスイッチ入ると途端にワイルド。

 

開演して、曲が進むにつれてどんどんエンジンかかってきて、

どんどん目がランランとしていく様子に、

「おおぉ」とゾクゾクした。

 

中盤、うちのエリアに来た時、

近くの席の「じゃんけんして」うちわのお嬢さんと、

優しい表情でじゃんけんしてて、それがとても可愛かった。

 

可愛さと、ワイルド&セクシーのギャップが魅力。

 

☆藤ヶ谷さん

(↓↓今回のうちわ)

f:id:koromo8oo8:20160902152846j:plain

 

キスマイのメインボーカルの1人。私は藤ヶ谷さんが一番ご贔屓

今回、ガッツリなアイラインとノーズシャドウ。

ムンムンにセクシーだった~。

 

後半の「サインボール投げる時間帯」にて、

私たちの近くの席で 、

「欲しい!欲しい!」と懇願していたお嬢さんたちがおられた。

 

近くに来て、

「欲しい?欲しいの?欲しいの?」と、

絶対にあげないであろうと思われる表情で煽る藤ヶ谷さん。

「欲しい~!!欲しい~!!」

ヒートアップするお嬢さんたち。

「あげないよ~~~!」

と風のように去っていく藤ヶ谷さん。

悪い・・・。

 

後半、背中がざっくり開いた衣装で後方からご登場される藤ヶ谷さん。

前方からは北山さん。

ちょうど私たちの目の前で二人がすれ違うこととなり、

その瞬間からどっちを目で追うべきか、もう大混乱!!

 

そこは贔屓を追おう、と、流し目で去って行く藤ヶ谷さんの後ろ姿を観察。

背中の左側にホクロがあることに気づいてしまい、

「ふえぇ~!」と腰抜けでホクロガン見←

 

そんな大馬鹿な観察をしている内に、

隣の友達は去り際の北山さんから、

爽やかなお手振りをいただいたらしく、友達腰抜け。

ああ、それも見たかった・・・。

(つづく)

このブログの目次 - 美しいものに癒されるから、大切な時間は記録に残す。


にほんブログ村