美しいものに癒されるから、大切な時間は記録に残す。

ジャニーズ事務所を中心に、美しい人たちを愛でて現場や映画やTVの感想を綴っています。

ハセヒロファンが綴る、映画「地獄でなぜ悪い」(ネタバレあり)

映画レビュー「地獄でなぜ悪い」

結末までネタバレしています。

 

 

(ネタバレなしのあらすじ)

暴力団武藤組組長(國村隼)の留守中に自宅が襲撃され、

在宅中だった妻(友近)が押し入って来た暴力団員を刺殺してしまう。

妻は逮捕され、人気子役の娘のミツコのCMは打ち切られた。

 

10年後、武藤は刑期をもうじき終える妻のために、

成長したミツコ(二階堂ふみ)を主演に映画を撮りたいと考える。

 

ひょんなことから巻き込まれた青年・公次(星野源)と、

自主製作映画集団「ファックボンバーズ」を率いる平田(長谷川博己)が

映画製作に協力することになるが・・・。

 

以下どんどんネタバレします。

ひどいB級映画、ほんとひっどい。(褒めてます)

 

まず冒頭ワンシーンだけ岩井志麻子が出てくる(笑)

 

 武藤組長に捨てられる愛人役(笑)

下ネタセリフを言って去っていく志麻子(笑)

 

平田率いる自主製作映画集団「ファックボンバーズ」

メンバー全員映画バカで、イタくてひどい(笑)

 

こういうひとたち学生時代いっぱい見たよ!

めちゃくちゃ楽しそうだったよ!

ハセヒロの目つきが既にやばい感じでワクワクするよ!

「ファックボンバーズ~♪」(ばかそうな歌声最高)

 

ミツコの映画を作りたいと組長が映画監督と交渉するシーン、

奥で撮影中の役者がちらちら映る、波岡一喜の贅沢な使い方!

 

ヤクザの娘らしい、ガラが悪くてエロい二階堂ふみ最高。

父親が怖くて逃げだした彼氏の口の中に

割ったビール瓶の破片突っ込んでお別れのディープキス。

血まみれ。

 

そんなロックなミツコにメロメロの公次くん。

(実は子役ミツコのファンだった!!)

星野源が若くて可愛い。

 

公次をとっさに「映画監督だ」と父親に紹介してしまうミツコ。

でも映画なんて全然知らない公次。

 

「うまいこと映画が撮れなかったら殺す」と告げられる公次。

プレッシャーで神社の賽銭箱のところで滝のようにゲロ吐く公次。

公次のゲロで、10年前平田が映画の神様に願掛けしたお手紙が流れ出る。

奇跡的に携帯番号が!!(神様に携帯番号渡すなよ平田(笑)(笑))

狂喜乱舞する星野源の顔イカレてる。(褒めています)

 

公次からの電話を受けたとき、バーで知り合った女(成海璃子の贅沢な使い方)

を全力で口説いている平田。

 めちゃくちゃうっとうしい(笑)

健全なチャオか、明るい谷口巧ってくらい

テンション高くて理屈っぽくてうっとうしい(笑)

 

 

 

 

映画撮ることになって、ヤクザの車で移動中も

成海璃子連れて来て口説き続行中の平田。うざい。

「今、J-WAVEで50年代のアメリカンポップスやってるからそこに合わせてくれる?」

(チャンネルを合わすヤクザ)

 

リアルヤクザの抗争をそのまま映画として撮影することになったのだけど、

敵対する暴力団の池上組組長(堤真一)は実はガチミツコヲタなので、

全面協力してくれることに!!やったね!

 

念願の本格映画を撮影できることになって、

恍惚として、終始瞳孔が開いている平田最高。

 

本当にチャオなみにイカレてるけど、

スタイル抜群で色気ダダ漏れで、ハセヒロ美しい・・・。

 

堤真一さーん!

白い歯むき出しの満面の笑みとアヒル口やめて(笑)

 

ハセヒロさんと堤さんはB級映画好きなんだろうなあって思う。

二人とも喜々とした表情が素なので(笑)

 

撮影開始。

 

血の海、

公次コカイン効いて幻影を見て爆笑、

組長リアルに首が飛んでんのにピース→堤さんイエエエエエエエ!、

公次手首が飛んで額に日本刀貫通(天井で元気いっぱいの公次の手首)、

撮影しながら死んでるファックボンバーズたち。

 

一人だけ生き残った平田が奇声をあげ、しあわせな幻を見て、

血まみれになった撮影テープを抱えて夜道を爆走するところで終わる。

 

ひどい、ほんとうにひっどい。(褒めてます)

 

2時間ずーっと、ひっどいB級感なのだけど、

細かい伏線はひとつひとつ丁寧に回収されるし、

なによりも「映画」というものへの愛があちこちに込められていて、

よくできた最高のB級映画だなあ!と思いました。

 

見終わるとしみじみと思った。

「地獄でなぜ、悪い。」 

 

 にほんブログ村 映画ブログ 日本映画(邦画)へ
にほんブログ村

koromo8oo8.hatenablog.com