美しいものに癒されるから、大切な時間は記録に残す。

ジャニーズ事務所を中心に、美しい人たちを愛でて現場や映画やTVの感想を綴っています。

映画 「ミックス。」(ネタバレあり)

映画「ミックス。」見てきました。

ネタバレしています。

f:id:koromo8oo8:20171021152217j:plain

 

監督 石川淳一

脚本 古沢良太

出演 

新垣結衣 瑛太 広末涼子 瀬戸康史 長野芽郁 佐野勇斗

森崎博之 蒼井優 ほか

 

(ネタバレなしのあらすじ)

町の卓球クラブ・フラワー卓球クラブの娘で、

かつて天才卓球少女だった多満子(新垣結衣)は

鬼コーチだった母(真木よう子)の死と同時に卓球をやめた。

 

以降普通の女子高生、OLと過ごしていた多満子。

勤務先の卓球選手の江島(瀬戸康史)と交際がスタートし夢心地であったが、

あっという間に江島のミックスのパートナーである愛莉(永野芽郁)に奪われてしまう。

 

会社を退職し実家に逃げ帰るが、実家の卓球クラブはさびれており売却寸前だった。

再び昔の仲間(広末涼子)らと卓球を始めることになった多満子だったが、

同時に江島の心も奪い返そうと

フラワー卓球クラブで全日本選手権に出場することを決意する。

 

以下ネタバレします。

 

 

 

 とりあえず、

 

蒼井優さんと森崎博之さん演じる中国人夫婦を見て。

 

この二人、めちゃくちゃおもしろい。

かつて蒼井優さんが出てきてセリフを発するだけで

観客が笑っていたことがあっただろうか、いやない。

 

だって蒼井優さん、そういうジャンルの女優さんじゃないもん!

今までもコメディチックな役はあったけど、

今回みたいに本気で観客が笑っていたことはないぞ。

 

この夫婦を見るだけで、映画館まで足を運ぶ価値があります。

 

映画全体のこと。

古沢良太さんの脚本が好きでずっと楽しみにしていた。

今回の「ミックス。」の一番好きなところは、キャスティングの妙。

 

キャラクターと俳優さんがすごくぴったりで、

「あ~~!この俳優さんがこの役、本当にいいなあ!」

と思うことばかりで。

 

キャラクターが俳優さんの魅力を引き出していて、

俳優さんがキャラクターを生き生きとした生身の人間として生かしてくれている。

 

主演の新垣結衣さんと瑛太さんはもちろんよかったのだけど、

その他のキャラクターを演じた他の俳優さんたちがみなさん本当によくって!

 

広末涼子さん、元ヤンで多満子の背中をガンガン押してくれるけど、

今はセレブ妻で医師会の奥様達との日々に悩みながら生きてるという、

一人の人物の中に対照的な部分を持つ役がすごく可愛い。

 

ラスト、ガーッと赤い髪に染めて出てきたとこ、

「おお『WASABI』とか『ミヤビ』みたいだなあ!」と思った。

 

瀬戸康史さん、

実業団のエースでイケメンでウェイウェイしてる嫌~な元カレを好演。

スクリーンの向こうにいるこちらまですっかりスケコマされてしまって、

「いやねー、でもねー、

江島は本当に、多満子のことは本気で好きだったんじゃないかな。」

とか、ついかばってしまったり。

 

あと瑛太さんの上司が斎藤さんなところ(笑)

斎藤さんだからこそ、

イライラしすぎず見守る(見過ごす?)ことができ、

最後のシーンも遠慮なく「さいてーさいてー」って言える(笑)

(隣の女の子、声に出して「さいてー」って言ってたよ。)

 

物語は誰もが安心して見ることができて、

笑えて、キュンとして、じんわりする。

 

後半に出てくるラブシーン、

あんな場所であんなダサい恰好で、シュールで、

見たこともないラブシーンだったよ!

 

同じ古沢さん脚本の

「探偵はBARにいる3」の公開がますます楽しみになったのでした。

 

 にほんブログ村 映画ブログ 日本映画(邦画)へ
にほんブログ村

koromo8oo8.hatenablog.com