美しいものに癒されるから、大切な時間は記録に残す。

ジャニーズ事務所を中心に、美しい人たちを愛でて現場や映画やTVの感想を綴っています。

(ネタバレあり)嵐ライブレポ2017(その4・完)ライブ後半編『ARASHI LIVE TOUR2017-2018「untitled」』

嵐のライブレポ2017『ARASHI LIVE TOUR2017-2018「untitled」』

(その4・完)ライブ後半編。ネタバレありです。

 

↓↓デジタルチケット、グッズ、ユニット曲、

MCについては(その1)(その2)(その3)をどうぞ。

koromo8oo8.hatenablog.com

koromo8oo8.hatenablog.com

 

koromo8oo8.hatenablog.com

 

f:id:koromo8oo8:20171203133752j:plain

 

以下ネタバレします。

 

☆Sugar

ベージュの燕尾服ぽいジャケットに白のパンツ。

「彼氏」じゃなくて「夫(もしくは婚約者)」がいる女性との愛と罪の歌。

ああ、嵐も(そしてメインの客層も)大人になったよね・・・。

この世界観を5人がどう演じるのかが、すっごーく楽しみで!!

 

一人一人の表情やダンスを観察。

(以下個人の感想です)

 

☆相葉さん・松本さん

キリッとした表情で淡々と罪を背負ってる派。

イケメン!イケメン!

こんな相手と出会ってしまったのなら、

こちらも腹を括って罪を共有しようぞ、罰も受けようぞ。

 

☆櫻井さん

こういう曲で悪い表情をしているときの櫻井さんが大好き。

なんなら「嵐のコンサートで楽しみにしている部分ベスト3」に入る。

 

「こんな関係になっちゃってる俺たちマジやばくね?でも止められなくね?」

みたいな、感情が露わになる派。

普段お茶の間で見せない、悪い男の表情を見られるのはライブの特権。

 

☆大野さん・二宮さん

「『こんな恋したくないんだよ、でも君が魅力的で抗えないのさ。』

って口では言ってるけど、

あなた確信犯でしょ?女に翻弄されてるように振舞って、

でもすべてあなたの予定通りなんでしょ?」

って感じの、大変いやらしけしからん狡猾派。

「ひぃ」みたいな変な悲鳴が漏れそうになるのを我慢する。

 

「There´s nothing I can do・・」

声と指先と目線に、余韻を乗せて。

 

☆光

白い光沢のある衣装で歌う5人。

背景はチャペル、

そして客席のペンライトが作るチャペルのステンドグラス。

「あれ・・嵐って人間じゃなくて地上に降りて来た天使だったかな。」

なんて思ってしまう。←

5人が尊くて、ステージが美しくて、感動する。

なのでグッズのペンライト、なるべく買われることをおすすめします。

 

☆Song for you

その昔、まだ少年だった彼らが乗ったクルーザー。

不安も抱えつつ夢と希望とともに乗った。

月日は流れ、成長し大人の男性になった5人の航海は続く。

 

騎士のような王子様のような5人が舞い、歌い、

大海原を大きな船で駆ける。

「僕らの前にはLove&Music」

「君と夢を乗せて」

「まだ物語の途中さ」

 

圧巻。

感動して、いつの間にか涙が出ていた。

 

「カンパイ・ソング」で終演。

今回、嵐はグッズのツアーTシャツをアンコールじゃなくて

MCで着ていて、歌の部分はすべて衣装だったのです。

 

それで「お客さんがアンコールでねばる」余地も与えられず

バシッと終わって、こういうふうにケジメがあって、

「ショーがショーの内に終わる」みたいなのいいなあって思いました。

 

この辺はそれこそ個人の感想なんだろうけど、

演者もメインの客層も、ある程度の大人になったら

こういう終わり方の方が美しいな、と思った。

 

今年も素敵なステージでした。

 

この公演が今年のライブ・舞台納め。

f:id:koromo8oo8:20171206223007j:plain

55,000人幸せにしてくれてありがとう!

 

  (おしまい)

 


にほんブログ村

koromo8oo8.hatenablog.com