美しいものに癒されるから、大切な時間は記録に残す。

舞台・コンサート・ライブビューイング・映画等のレポ

ジャニヲタ、2回目の宝塚歌劇。~花組「ポーの一族」(後編・舞台鑑賞編)

ジャニヲタが他ジャンルを楽しむシリーズ。

今回は2回目の宝塚歌劇鑑賞。

花組「ポーの一族」

 

前編はこちら↓↓

 

koromo8oo8.hatenablog.com

 

(あらすじ)

森に捨てられていたエドガー(明日海りお)とメリーベルの兄妹の

育ての親となった「ポーの一族」は、実はバンパネラ(吸血鬼)一族だった。

 

一族の男性・ポーツネルと結婚することになった人間の女性・シーラ(仙名彩世)が、

婚約式の夜にバンパネラとなり、

そこで初めて一族の秘密を知ったエドガーとメリーベルもバンパネラとなった。

 

永遠に年を取ることのない、ポーツネル・シーラ・エドガー・メリーベルの

一見親子に見える四人は世界中を旅をしながら暮らすこととなる。

 

新しい街に移り住んだ4人は、

その街で貿易商を営む一族の息子・アラン(柚香光)と出会うが・・・。

 

以下ネタバレ含みますのでご注意ください。

 

公演自体についてざっくり説明すると、

一幕→休憩30分→二幕→千秋楽だったため?退団される方のご挨拶

で、3時間半~4時間くらいだったかな?

 

原作を読んだときに正直、

実写化するなら未成年じゃないと無理なのではないかと思っていた。

主人公のエドガーは、まだあどけなさも残る14歳で、

数年前の佐藤勝利くんとかマリウスくんじゃないと厳しいのでは・・と思ってた。

 

 

 

明日海りおさん、す、す、すごい。

普通にリアルエドガー!

 

公演の最初から最後までずっと明日海さんの表情を追っていた。

 

①メリーベルに水車を作ってあげたり、村の子供たちとケンカする

あどけないエドガー 

②年上の美しい女性・シーラと出会って、初めて異性を意識するエドガー

(このシーン、

エドガーの表情の横に「トクン・・」って文字が見えるようだった!)

③バンパネラとして生きることになり、絶望するエドガー

(絶望と孤独により、色気が加味されるエドガー)

④血が欲しくなり、いたいけな花売り娘に襲いかかる

目がランランとしているエドガー

 

・・・と、まず明日海エドガーの表情と成長を追うだけでも忙しい。

 

そして、仙名さんのシーラ!

 

最初は娘役トップの仙名さんの役がシーラなのが意外だった。

エドガーが溺愛する、妹のメリーベルじゃないんだ?

対外的には「お母さん」のシーラが仙名さんなの?と思った。

 

でも実際公演を見たら、よくわかった。

 

①森でのエドガーとの出会い、

まだ人間で、婚約者の秘密を知らず、純粋に恋の喜びに浸るシーラ

②愛のためにバンパネラとして生きる選択をし、強さが出てくるシーラ

③新しい街で上品な貴族夫人を演じつつ、

仲間を増やすために若い医師とその婚約者をしたたかに狙うシーラ

 

仙名シーラの表情の変化と成長も私たちを魅了する。

 

 

一族に加えようとロックオンされてるクリフォード医師が

デレデレしているのに

「デレデレしちゃうよね!シーラ綺麗だもん!」と共感し、

 

雷雨の中、シーラのほっそーーい腰に手を回して、

くちびるを重ねる姿に、

「うらやまけしからんぞ、クリフォード医師」と思う。

 

それで、今回、明日海さんと仙名さんについては

もうメロメロする心の準備ができていたのだけど、

今回、また新たにメロメロしてしまう女優さんが。

 

アラン役の柚香光さん!

もう、美しいが過ぎる。

 

映画館を出てすぐ、

「宝塚 ポーの一族 アラン キャスト」

で、検索したくらい。

 

最初はクールなアランが、

御曹司である自分に媚びない初めての友人エドガーに心乱され、

複雑な家庭の事情に心を痛め、

そして、エドガーの正体を知り・・・・。

 

エドガーとはまた違う種類の孤独を抱えているアラン。

孤独が深まれば深まるほどに、その美しさが増す。

 

全ての登場人物の美しさが物語が進むにつれて増していって、

終演後一日くらいはもう「美しかった」しか感想が出てこなかった。

あまりに美しいと人は語彙を奪われるのだなあ。

 

すごくよかったー。

楽しかったなあ。

 

ジャニーズとはまた違う美しさと楽しさで、

一年を通じてどちらも楽しめるといいなあと思う。

 

これからも宝塚歌劇の鑑賞を続けたい。

まだ宝塚劇場で見たことがないので、次は宝塚劇場に見にいけたらいいなと思います。

 

 

koromo8oo8.hatenablog.com

 

 

koromo8oo8.hatenablog.com

 

 

koromo8oo8.hatenablog.com

 

 

koromo8oo8.hatenablog.com

 

 

koromo8oo8.hatenablog.com

 

 

koromo8oo8.hatenablog.com

 


にほんブログ村